プロミスで過払い金請求した場合の返還額と対応について





 » トップページ

プロミスで過払い金請求した場合の返還額と対応について

プロミスは大手消費者金融業者です。消費者金融業者には独立系の会社もありますが、貸金業法の改正などにより、銀行の傘下に入ったり、子会社になったりするケースが増えています。プロミスの場合は、三井住友フィナンシャルグループの子会社となっています。メガバンクに絶対的な信用があるというわけではありませんが、他社よりも比較的楽に過払い金返還交渉を行うことができます。もちろん、弁護士や司法書士などのプロに任せる場合は、全く問題ないでしょう。和解金額も引き直し計算で算出された過払い金請求額の8割以上、100%の金額が戻ってくることもあります。プロミスなら、それほど苦労することなく、過払い金返還請求処理も完了します。ただ、8割を下回る和解金が出た場合は、訴訟を起こす場合があります。その場合でも裁判により全額回収が可能だと思われます。 プロミスの場合の過払い金返還までの交渉期間は、最短で4か月、最長では6か月です。これは大手消費者金融業者の中では、どちらかというと平均的で短いほうだといえます。半年以上かかるとなると長期戦です。何かトラブルの多い交渉となり訴訟も辞さない覚悟で過払い金返還請求に臨むことになるでしょう。 弁護士や司法書士は、プロミス相手ならスムーズに過払い金返還請求交渉をやってのけます。訴訟に至った場合でもスムーズに手続きを行いますので、まず心配をすることはないでしょう。プロの法律家にお願いする理由は、過払い金返還請求をやっていることを誰にも知られることがないメリットがあります。 プロミスの過払い金請求では、他の消費者金融業者と同じく保証しているローンやキャッシングを完済しておく必要があります。プロミスの場合は、旧三洋信販(ポケットバンク)とアットローンです。他には三井住友銀行カードローンもプロミスが保証会社になっています。過払い金返還請求では、ブラックリストに載る可能性もありますので、念のため完済しておくことを法律家もアドバイスすることになるでしょう。 過去にプロミスで借りたことがあるなら、一度弁護士や司法書士に相談に乗ってもらい、どのくらいの過払い金が返還されるのか、見積もってもらうほうがいいでしょう。思ったよりも多い金額が提示されたなら、法律家にお願いしてお任せで過払い金返還請求を行いましょう。