アイフルで過払い金請求した場合の返還額と対応について





 » トップページ

アイフルで過払い金請求した場合の返還額と対応について

過去にアイフルでお金を借りたことがある人は、もしかしたら、利息が過払いになっている可能性があります。そこで、アイフルで過払い金を請求した場合についての返還額や対応について少し調べてみました。アイフルで過払い金請求を行った場合、訴訟を起こし判決で確定判決を得ることができるケースがほとんどです。そのため、今のところアイフルでは引き直し計算後の過払い金については、全額回収できるとみていいでしょう。 最近のアイフル過払い金請求のトレンドとしては、弁護士や司法書士が破たんの危機を強調して、大幅に減額して和解するケースが増えているようです。そのため、訴訟をしない法律事務所も多くなっています。和解金が80%以下といった低い金額に落ち着きそうな場合は、できれば、訴訟を起こし、100%回収を目指すようにしてください。これも訴訟を促すかどうかは、その法律事務所の方針だといえるでしょう。優良な法律事務所は、100%以上の回収実績を誇り、顧客にも和解金以上の金額を勝ち取るように促すはずです。さらに回収実績や過去の訴訟件数などもしっかりと記載できている法律事務所は、かなり過払い金回収に自信のあるところだと思っていいでしょう。 アイフルの過払い金請求の注意点は、アイフルが銀行を母体とする消費者金融業者ではなく、ノンバンクであることです。そのため、資金面では少し不安があるかもしれないということです。弁護士や司法書士の早期和解には屈することはありませんが、できるだけ早期解決に向けたスピーディーな対応を行っていく必要があります。しかも今のところアイフルの過払い金請求返還額は、先ほどの大幅減額和解により、50%程度にとどまることがあります。通常の和解で平均6か月以上の期間を要します。訴訟を起こした場合は、1年以上かかるケースも多くなっています。他社よりも過払い金請求交渉が長期になる可能性が高く、少し心して過払い金返還請求交渉に取り掛かる必要があります。 アイフルの過払い金返還請求が長期化する理由は、裁判に至ることと、控訴するケースが多くなっていることです。第一審で控訴されると3か月以上期間が延びてしまいます。こうしたこともふまえ交渉は手強いということになり、アイフルとの交渉に慣れた法律事務所を選ぶべきでしょう。